スモーク

コクのあるチーズの種類は?

チーズには様々な製法やカビがあります。
それによって味が変わってくるものですが、ではどのチーズがコクがあって美味しいのでしょうか。
コクがあるものとしては、ハードと言われるチーズです。

このチーズはチーズ中で一番硬く、長期にわたる保存が可能な種類です。
乳酸菌を壊さないよう加熱を加えながらの圧縮により、硬質な組織が作られています。
たんぱく質がアミノ酸へと分解されているため、コクがとてもあります。

このチーズはコクがあるため、チーズフォンデュに使われるほか、粉末にして料理やサラダにかけたり、キッシュやグラタンといったものの具材にも使われます。
また、これの他には、白カビのもののコクがあります。
脂肪分が60%以上含まれているとコクが出て非常に濃厚な味になります。

白カビは食べるタイミングによって味が変わってきますので、味を楽しむ意味でも、チーズ好きにはたまらないものなのではないでしょうか。
この二つは特にコクが強いものなので、コクのあるものが好きな方にはオススメのチーズです。
この二つはコクが強いものとしてご紹介させていただきましたが、他の種類もとても美味しいものです。
こちらでは世界三大青カビチーズと呼ばれているものが紹介されています。
この青カビチーズは独特の味わいがあるため苦手な人も多いようですが、食べているうちに魅力にはまっていく人も多い種類のようです。

自分の好みに合わせて、食べ比べてみるといいでしょう。

このページの先頭へ