スモーク

チーズに含まれる乳酸菌が腸の働きを助けてくれる?

牛乳やヨーグルトには、腸の働きを活発にする菌が含まれています。
では、発酵させているチーズでは、どうなるのでしょうか?
チーズは発酵させて作っています。

ですから、乳製品といえど、出来上がったものはほとんど牛乳とは別物といってもいいほどです。
しかし、栄養素は牛乳よりきちんと受け継がれていますし、発酵の過程でヨーグルトを使用し、乳酸菌によって熟成が進められます。
ですのでチーズにもきちんと乳酸菌が含まれているのです。

しかし、量としてはヨーグルトなどに比べるとやはり少なくなってしまいますので、効果を実感することはあまりないかもしれません。
ですがチーズは含まれている栄養を吸収しやすい食べ物ですので、実感が湧かなくとも、食べることによって腸の働きは整えられています。
これによって、多くの女性が悩まされている便秘が解消され、美容効果にも繋がります。
また、多くの方の場合、牛乳を飲むとお腹を壊してしまうから苦手、という方が多いと思いますが、これを乳酸菌によるものと思っている方も多いようです。
これは実は、乳頭と呼ばれる成分が消化不良を起こしているためお腹を壊すのですが、チーズになるとこの乳頭は乳清と呼ばれるものに変わっていますので、お腹を壊す心配もなくなっていますから、安心して食べることが出来るでしょう。
こちらに自宅でできるチーズの作り方が載っています。
ご家庭でも簡単に作れるチーズ、お子さんがいる方は是非一緒に作ってみてください。

このページの先頭へ