スモーク

チーズの種類によって栄養分は異なるのか

チーズは基本的に栄養価の高い食べ物です。
しかし、チーズにはたくさんの種類があります。
その中で栄養価の変化というのはどれほどあるのでしょうか?

含まれている栄養素としては、チーズはすべてほぼ共通しています。
ミネラルやたんぱく質、ビタミン類といったものです。
しかし製法などにより水分や塩分などが変わってきますので、そのバランスはやはり多少変わってきます。

塩分が控えめなものとしては、クリームチーズやカッテージチーズなどがあります。
カルシウムが多めになると、パルミジャーノ・レジャーノやグリュイエルといったハードタイプのチーズになります。
特にハードタイプのものは硬くするために凝縮しているため、非常に栄養価が高くなっています。

しかし、その分コレステロールも少し高めのものになっています。
ブルーチーズはナトリウムと食塩が非常に多く含まれています。
チェダーやゴーダも同じなのですが、ブルーチーズにはビタミンAが多く含まれているようです。

美肌効果のあるビタミンB2はパルメザンが多く含まれています。
このように、チーズでもちょっとした栄養バランスの違いがあります。
その時々によって、必要なものを食べるといいでしょう。

このページの先頭へ